ログイン
サイトトップ  利用案内  ご注文方法  お支払いについて  会社紹介  みんカラ会員さまへ  オフィシャルブログ
     














































































レクサス
トヨタ
日産
ホンダ
マツダ
ユーノス
三菱
スバル
ダイハツ
スズキ
いすゞ
ミツオカ









メルセデス・ベンツ
スマート
BMW
BMWアルピナ
アウディ
フォルクスワーゲン
MINI
オペル
ポルシェ
ヨーロッパフォード









ルノー
プジョー
シトロエン









ロールスロイス
ベントレー
ジャガー
ランドローバー
MG
ローバー
ロータス
アストンマーティン









ボルボ
サーブ









フィアット
アバルト
フェラーリ
ランチア
アルファロメオ
マセラティ
ランボルギーニ









キャデラック
シボレー
ポンテアック
リンカーン
フォード
クライスラー
クライスラー・ジープ
ダッジ
テスラモーターズ
ゼネラルモーターズ

2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
冬期休暇
9:00までに頂戴したご注文(振込の場合はご入金)に限り、年内出荷可能。それ以降は、年明け出荷となります

2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
冬期休暇





HOME > 雨、風、雪……こんな時はどうすれば?


ボディカバーを上手にご使用いただくにあたって、よく頂戴します「こんなときはどうすれば?」という疑問に対して、お応えを下記にまとめました。


雨の日は? 雨に濡れてしまったら?
強風(嵐や台風)のとき
雪への使い方
マフラーやエンジンが熱いとき
カバーが汚れてしまったら?


雨の日は? また、雨に濡れてしまったら?



晴れている時にカバーを装着し、その後、雨が降ってきた場合。
小雨でも土砂降りの雨でも、雨が降っている間は、そのままカバーを装着していて問題ありません。
カバーの表面にははっ水加工が施されておりますので、直接、車体に降りかかる雨水を防いでくれます(※)。
青空駐車場等で、酸性雨にさらされつづけたお車のボディは、数年後かなりの傷みを負ってしまうことがありますが、その傷みから保護する役目も、ボディカバーは担っているのです。

(※)生地自体が完全防水ではないうえ、ミシン目も通りますので、多少の雨水は浸透致します(詳しくはこちら)。また、経年劣化に伴い、雨水の浸透が増していくことがあります。




カバーの装着されていないお車が雨に打たれている場合。
雨からガードするべく、カバーを掛けたいところですが、車体がびしょ濡れの場合は、待ってください。
これは実際にやってみればわかるのですが、ボディが濡れていれば、その水気とカバー内側が吸着し、装着自体が困難になります。この時、カバーとボディの間には不必要な摩擦が生じます。ボディに付着した雨水にゴミ(砂利や枯れ葉等)が混ざっていれば、このゴミを擦りつける状態となり、傷の原因になります。

そのため、お車が初めから雨に打たれている場合は、カバーの装着は見送り、雨がやんだ後に、ボディの水分や汚れを取ってから装着するのがベストです。

水分を拭き取るときには、それ用に開発された、仲林工業オリジナルの「大判布巾<アブゾーブ>」(商品紹介はこちら)がありますので、ぜひともご検討ください。




カバーが雨に濡れてしまった場合。
雨があがっても、車体をガードしつづけたボディカバーがすぐに乾くわけではありません。
濡れている時はできるだけお車から外し、いちどカバーを完全に乾燥させることをオススメします。布団を干す感じでベランダの欄干等にかけて天日干しされますと、乾きが速まります。
このとき、こちらで紹介しておりますメンテナンスを行っていただくとよりベストです。もし、長期保管する際もこのメンテナンスを行ってからをオススメします。

なぜ、お車から外すのか。
それは、晴れてからも濡れたカバーを装着していると、カバー内部にこもった湿気(蒸れ)がなかなか発散されないためです(※)。神経質になるほどではありませんが、蒸れはボディにとって良くありませんので、可能な時だけでも、外して乾燥させてからの再使用がベストです。
(※)膨らみ防止の通気筒の装備により、湿気をある程度逃がすことが可能です

雨に打たれている時のカバー装着も、カバーの内側に湿気がこもるので良くないのでは? と思われるかもしれませんが、この場合は、酸性雨との直接の接触を減らしたり、雨に含まれる汚れの付着防止等、メリットが多くあるため、カバーの装着が推奨されます。また、雨に打たれている最中は、カバー外部の湿度も高くなっており、例えカバー装着していなくても、車体は湿気にさらされることになります。

いつも上記の通りに行うことは困難ですが、念頭にあるだけで、結果がちがってきます。



強風(嵐や台風)のとき



台風や嵐などはもちろん、強風のときは基本的にカバーの使用はご遠慮ください。
留め具が風に耐え切れなかったり緩んだりした場合、カバーがめくれあがる等してバタつきを生じさせ、ボディへの擦れ、衝突を招いて傷の原因となるからです(これは「ボディカバー使用上の注意」にも記載しております)。

しかし、そのデメリットよりも、強風によって飛んでくる木の枝や障害物等から守るため、あえて強風時にも装着される方はおられます。
強風時のカバーの使用はあくまで自己責任のもと、充分なご注意、ご配慮のうえお願い致します。

強風時にも使用されるには、カバーの留め具がもっとも強い「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」であることが前提となりますので、その留め具のオススメ使用方法を紹介致します。



上の写真は、普段の力で「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」を留めています。
ボディからめくれ上がっていないものの、サイド(ドア部分)が風をはらんで、大きく膨らんでいます。そのため、風が吹きつけるたびにバサバサと音をたててはためいています。



外部からの障害物の衝突には備えられそうですが、カバー生地との摩擦が気になります。
特に、写真の赤い矢印で示したサイド部分。わかりにくいですが、実際は、カバーのすそが持ち上がり、「腹下通しの2.8メートル留め具」のベルトが直接ボディのサイドステップ部分に当たってしまっています。
この状態がつづけば、ベルトとボディサイドが擦れつづけ、結果的に傷が付くかもしれません。

ここからがポイントです。
すそ紐絞り加工」の紐を強く絞りきるのはもちろんですが、絞ってストッパーでロックした後、そのストッパーが後退しないよう、簡単に解ける「だんご結び」をストッパーのすぐ下に作ります。
カバーがバサバサとばたついていると、振動でストッパーが徐々に緩んでいってしまう可能性があるので、それを防止するためです。
そのうえで、「腹下通しの2.8メートル留め具」を、左右、片側ずつから完全に絞りあげます。
腹下通しの2.8メートル留め具」のプラスチックのバックルは、リュックサックやポシェットによく付属している部品と同じですので、コツさえつかめば簡単に絞ることができます。



カバーのすそがしっかりと固定され、サイドが強く抑え込まれました。
これでも多少の風はカバー内に吹き込みますが、強風時にカバーを使用する状態としてはベストです。



雪への使い方



豪雪地帯でなければ、カバーの使用は通常と問題なく行っていただいて大丈夫です。
お車に装着したカバーの上に、例え5cm程、雪が積もっていても、カバーを外すとき、雪も一緒にこぼれ落とすようにしてめくることが可能です。
しかしこの際、カバー生地に普段とちがう硬さを感じたら、生地が凍っている、もしくは、生地と接触した面に氷の皮膜ができている可能性があります。その場合はボディへの衝撃を強めますので、やや温めたお湯などをいちどカバー全体に掛けて雪や氷を溶かしてから外されることをオススメします。
生地が凍る現象につきましては、その時その時の気温や湿度、積雪量等、外部の環境に影響するため、弊社の方でも、あらかじめ判断することができません。

5cm程度までの積雪でしたら、カバーを装着している方がボディにも優しく、めくれば雪も落とせるので便利です。
積雪が10cmを超える豪雪地帯では、お客さまのお車を使用される頻度、また保管環境によって大きく変わるため、ここでは明記できません。



マフラーやエンジンが熱いとき

ボディカバー使用上の注意」でも、マフラーが冷めてからの装着をお願いしておりますが、それでは、どの程度冷めれば問題ないのか。
走行距離や走行速度、その日の天候によっても変わってきますが、基本的にマフラーやボンネット表面に手を当てていられるくらいになれば、大丈夫です。しかし、火傷の危険がありますので、停車後まずは30分程経過してから様子を見られることをオススメします(それでも高熱である場合がありますので、充分にご注意ください)。

ただ、「ターボ」車などで、ダクトから熱風が吹き出している間、カバーを装着したことに反応して吹き出してしまう間は、カバーの装着はお待ちください。



カバーが汚れてしまったときは

使用中にカバーを落としてしまった、また留め具の絞めが弱くて車体からめくれ、地面に落ちていてカバーが汚れてしまったときは、こちらと同じメンテナンス方法をお試しください。




▲ページトップへ

HOME > 雨、風、雪……こんな時はどうすれば?



 
Information ボディカバー・車体カバーの老舗 仲林工業 〜お客さまの状況や愛車の保管環境に応じたボディカバーをオーダーメイド〜


全商品、税込の価格を表示しております。別途、送料・代引き手数料が発生します。10,000円以上のご注文の場合、送料・代引き手数料は弊社負担(無料)です。




「代金引換(現金払い)」と「銀行振込」があります。
詳細につきましてはこちら




業者はヤマト運輸さまに依頼しております。
ヤマト運輸

海外への配送は行っておりません。




仲林工業オリジナルBOX(段ボール箱)に梱包してお届けします。

【箱のサイズ】
TT-9000(裏起毛):縦38cm×横38cm×高さ24cm
E-5000:縦32cm×横38cm×高さ17cm
【重量】
TT-9000(裏起毛):およそ2.3kg〜3.5kg
E-5000:およそ1.3kg〜2.5kg
※1台分のボディカバーが入った箱のサイズ、重量です。

範囲が広いのは、オーダーメイド上、車種や留め具の種類によりカバーサイズが変動するためです。


ご注文後のカバー構造の変更、またキャンセルはご容赦ください。
もし裁断前で間に合う場合はご対応致しますが、すでに刃を入れ、カットした後では変更、キャンセルは不可となります。




ご注文時にご入力いただくEメールは、ケータイメールアドレスよりも、パソコンのEメールアドレスを推奨します(フィルタ設定により、弊社からのメールが弾かれることが多くあるため)。
また、迷惑フォルダへ振り分けられることもありますので、必ず迷惑フォルダ内もご確認のうえ、「info@nh-cover.jp」が受信できるよう設定してください。




発送はご注文確定日から1週間〜10日程度。ご注文日から約10日以降で到着日指定が可能です。
ちなみに現在は営業日の11:00〜14:00頃、2回目が必要な際は16:00〜17:00頃にヤマト運輸さまへ回収に来ていただいております。




当サイトは完全リンクフリー。どのページもご自由に リンクしていただいてOKです。
リンクの際のご連絡も不要です。




こちらの内容を熟読のうえ、充分にご理解いただき、正しいご使用をお願いします。


商品が不良品の場合、ご返品後、良品と交換、修理が必要であれば修理いたします。
以下の場合は返品・交換がお受けできませんので、あらかじめご了承ください。

商品到着から10日以上が過ぎている
ボディカバー商品に問題がない(お客さまのご都合による)

不良品と見なされるケースと見なされないケースの判別につきまして、また、返品・交換の条件につきましてはこちらをご確認ください。
お届けしました商品が万が一不良品だった場合、その返品の際の送料は、弊社負担とさせていただきます。




お客さまから収集した個人情報は、当社の業務遂行のためにのみ利用し、最大限の注意のもと厳重に管理しております。お伝えいただいたお客さまの個人情報を無断で販売、貸 与、譲渡することはございませんのでご安心ください。
ただし、警察署や裁判所等、公共機関から提出要請があった場合はこの限りではありません。




仲林工業株式会社
住所:大阪府富田林市喜志町4丁目6-10
TEL:(0721)24-8110 ★カバーご注文の際は、事前にこちらをご確認ください。
業販について
FAX:(0721)24-8820
営業時間: 9:00〜12:00 12:45〜17:00
休日:土日祝。夏季休暇・冬期休暇、臨時休業あり。




サイトトップ特定商取引に関する法律に基づく表示個人情報保護ポリシー画像(写真)を送られるお客さまへ

Copyright © Nakabayashi industry lnc All rights reserved.