会員登録/修正
ログイン
GWをはさむボディカバーの出荷について

4月27日(土)〜5月6日(月)まで、連休とさせていただきます。
ボディカバーは、4月19日(金)AM9:00までに頂戴し、その当日中に確定されたご注文(「銀行振込」支払いの場合は、ご入金確認できたもの)に限り、連休前に発送可能です。それ以降は連休後の順次発送となりますので、早めにカバーをお要りようの方はお急ぎください。
なお、現在、ご注文が殺到しており、段ボール箱の仕入れが間に合わない状況です。誠に恐れ入りますが、わずかに小さなE-5000生地タイプの箱でお届けする場合があります(当然ですが、カバー自体に問題が起こる箱詰めは致しません)。恐れ入りますが、何とぞよろしくお願い致します。

仲林工業からメールの返信が来ない、来なくなったときは










レクサス
トヨタ
日産
ホンダ
マツダ
ユーノス
三菱
スバル
ダイハツ
スズキ
いすゞ
ミツオカ



メルセデス・ベンツ
メルセデスAMG
スマート
BMW
BMWアルピナ
アウディ
フォルクスワーゲン
MINI
オペル
ポルシェ
ヨーロッパフォード



ルノー
プジョー
シトロエン



ロールスロイス
ベントレー
ジャガー
ランドローバー
MG
ローバー
ロータス
アストンマーティン
ロータス・カーズ
マクラーレン・オートモーティブ



ボルボ
サーブ



フィアット
アバルト
フェラーリ
ランチア
アルファロメオ
マセラティ
ランボルギーニ



キャデラック
シボレー
ポンテアック
リンカーン
フォード
クライスラー
クライスラー・ジープ
ダッジ
テスラモーターズ
ゼネラルモーターズ




2019年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
9:00までに頂戴し、その当日中に確定されたご注文(「銀行振込」支払いの場合は、ご入金確認できたもの)に限り、連休前発送可能です

2019年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


 


コーナーポールにはパッチワークを

HOME仲林工業ボディカバーの概要カバーの構造(装着写真) > コーナーポールにはパッチワークを


コーナーポールは収納するか、取り外してからカバーを装着してください

コーナーポールが付いている場合、ご面倒ではありますが、収納できるものは収納し、ネジ式のように取り外せるものは取り外してからカバーを掛けてくださいますようお願い致します。

立てたまま無理に装着していると、カバーの重みやはためきによって負荷がかかり、最悪の場合はコーナーポールを損壊したり、それによってお車のボディに傷を付けるきっかけとなります。


収納、取り外しのできないコーナーポールにはパッチワークを

収納したり、取り外しのできないコーナーポールに対しては、パッチワークをお使いください。
パッチワークはドーナツ型で、ボディカバー用の特殊な素材でできており、2枚1組になっております。

ご注文はこちらから。

パッチワーク サイズ
※これが2枚1組になっています


お客さまのコーナーポールが通るサイズであるか、ご確認ください。

パッチワークの装着加工は、お客さまの手で行ってくださいますようお願いします。
ボディカバーは1台1台手作りのため、同じように縫製してもわずかなずれが生じてしまいます。付属品の有無等によっても、ずれがおおきく生じてしまいます。mm単位で位置の問われるポールへの加工は、実際にお車に装着する前に施工することができません。
そのため、パッチワークはお客さまが実際にお客さまのお車にカバーを掛けていただいた後、ポールの位置をご確認の上、そこに装着加工していただくことが必須となります。



パッチワークの装着加工方法(使い方)

パッチワークの装着加工は、コツが必要です。
以下の手順により、きれいにベストな位置へパッチワークを施工することができます。




このように、コーナーポールの付いたお車があります。



これは完成スタイルです。このようにきれいに施工するには、
下記の手順でパッチワークを取り付けます。


まずカバーをお車に装着します。



この時点では穴も開いていないので、
コーナーポールのある個所は図のように突っ張った状態になります。



斜めから見ると、ちょうどこんな感じです。突っ張っています。
この突っ張った個所に穴を開けてはいけません。
穴は、コーナーポールの根元(付け根)部分に開いていないと、
カバーがきれいに装着できない事態になってしまいます。

では、どうするのか?

ボディカバーは、お車と同様、左右対称になっています。





コーナーポールが付いているのと反対側に着目してください。
図では、コーナーポールは向かって右側に付いているので、向かって左側に着目します。
コーナーポールが、その向かって左側に(左右対称に)あると仮定して、
そのポールの根元の位置に印を付けます。
図で言いますと、「×」の位置です。
カバーを汚したくない場合は、小さく切ったカラーテープ等を貼りつけて印にすると
便利です(後から剥がせるので)。





カバーをお車から外します。

先程付けた印と対称になる反対側の位置(実際に付いているコーナーポールの根元の位置)に、
パッチワークを貼りつけます。
図は、黄色い三角がカバーのフロントに付く▼マークを表しています。
わかりにくいですが、これは実際にカバーをこのように広げて、
左右の横面の生地を重ね合わせればすぐに把握できます。
カバーにはミシン目が通っておりますので、
それを目印にきれいに重ね合わせ、反対側の位置(コーナーポールの根元の位置)を定めてください。

パッチワークを付けた後、穴を開けるのですが、中心部を丸く切り取るのではなく、
×のように切れ込みを入れていただいたほうが、
雨水や埃、塵などがカバー内側へ入りにくくなります。

良い例 悪い例






完成です。


カット(切れ込み)は、パッチワークを付けてから行ってください(先にカバーを切らないでください)。
パッチワークは必ず裏表、生地をサンドするようにお貼りください。


ご注文は、こちらから。




▲ページトップへ

HOME仲林工業ボディカバーの概要カバーの構造(装着写真) > コーナーポールにはパッチワークを