会員登録/修正
ログイン
仲林工業から振込口座案内やメール返信が来ない・来なくなったときは
現在、台風15号の影響によるボディカバーの注文殺到のため、通常よりも5日程、納期を多く頂戴しております。
10月になりましても、弊社製品は価格を据え置き(実質、2%値下げ)で販売致します。少なくとも年内は増税による価格の変更は行いません。










レクサス
トヨタ
日産
ホンダ
マツダ
ユーノス
三菱
スバル
ダイハツ
スズキ
いすゞ
ミツオカ



メルセデス・ベンツ
メルセデスAMG
スマート
BMW
BMWアルピナ
アウディ
フォルクスワーゲン
MINI
オペル
ポルシェ
ヨーロッパフォード



ルノー
プジョー
シトロエン



ロールスロイス
ベントレー
ジャガー
ランドローバー
MG
ローバー
ロータス
アストンマーティン
ロータス・カーズ
マクラーレン・オートモーティブ



ボルボ
サーブ



フィアット
アバルト
フェラーリ
ランチア
アルファロメオ
マセラティ
ランボルギーニ



キャデラック
シボレー
ポンテアック
リンカーン
フォード
クライスラー
クライスラー・ジープ
ダッジ
テスラモーターズ
ゼネラルモーターズ




2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

2019年 10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   


 


環境によって選べる留め具

HOME仲林工業ボディカバーの概要環境によって選べる留め具 > 腹下通しの2.8メートル留め具


腹下通しの2.8メートル留め具

およそ2.8メートルにも及ぶ黒いベルトは、リュックサックやポシェット等に使用される肩紐と同質のもので、その両端にバックルに差し込むオス型部品が付いています。このベルトを車体(前輪と後輪の間)のサイドステップ部分、いわゆるお車の脇腹の下から、反対側へくぐらせ(通し)て、ボディカバーに付属のメス型部品とカチッとはめ込み、カバーを留めます。
ベルトは単体としてカバーから完全に取り外し可能で、そのため運転席側、助手席側のどちらから通さなければならないといった決まりもありません。様々な駐車環境を考慮し、車体の左側から右側へ、また右側から左側へと、どちらからでも通すことが可能です。

ベルトは2本、付いています(ボディカバー1台につき、必要な本数は2本です)。

★留め具で「腹下通しの2.8メートル留め具」をご選択いただけましたら、この2本1セットの腹下ベルトが付いてきます。この場合、カバーのすそ四隅(フロントとリアのコーナー部分)には絞りのゴムは入ります。「すそ紐絞り加工」と併用の場合は、絞りのゴムは入らず、ゴムの代わりに「すそ紐絞り加工」の紐が通る構造になります。詳しくは、「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」をご覧ください。

左上の写真は、ビニールパックに入った、2本1セットの「腹下通しの2.8メートル留め具」です。留め具で「腹下通しの2.8メートル留め具」をご選択いただきますと、これをカバーと一緒にお送り致します。


ベルトの構造と、具体的な装着方法

原理は単純。なのに、いちど留めてしまえば効果抜群!




取り出すと、およそ2.8メートルのベルトがこのような感じで巻かれています。外側に飛び出したベルトの両端部分に、黒の3本槍のようなプラスチック部品が通っているのがわかります(左のベルトは中心部にひとつ、プラスチック部品が巻かれた状態になっています)。



広げて(伸ばして)みました。このように、およそ2.8メートルの長さのベルトになっています。



ベルトの両端に通されている黒のプラスチック部品──オス型部品です。わかりやすくプラスチック部品のみを撮影しておりますが、実際はベルトから引き抜く必要はありません。では、装着してみましょう。

ひとまずカバーをお車に装着します




カバー本体のサイド部分には、写真の赤で囲ったように、メス型部品が縫い付けられています。プラスチックのメス型部品の拡大写真を下に掲載します。



オス型と同じくプラスチックの部品です。赤で囲ったメス型部品は、もちろんカバー反対側のサイドにも、「対(つい)」になるように縫い付けられています。これが2対 連なっているので、カバー1台につきメス型部品は計 4ヶ、縫い付けられている計算になります。

ベルトの両端に付いたオス型(3本槍)部品を、このメス型部品にはめ込み、ベルトを絞ってカバーのサイドを押さえるように留めます。部品同士をカチッとはめ合わせるだけでは、ベルトが長すぎて押さえ込むことはできません。部品同士をはめ合わせた後、必ずベルトを絞って長さを調節してください(詳しくはこちら)。
ちなみに、このオス型部品とメス型部品は、「バックル式のフック型留め具」にも使用されるものと同じものです。互換性があるため、メス型部品の付いているボディカバーは、「バックル式のフック型留め具」と「腹下通しの2.8メートル留め具」のどちらのパターンも使用できます。

このバックルがむき出しであることが気になった方には、こちらのさらなるオプションをオススメ致します。



サイドの揺らぎもしっかり固定! フィット感も向上します


単なる留め具にとどまらず、サイドを押さえ込むことによりサイドの揺らぎを許さず、しっかり固定します。

斜め前と斜め後ろから(まだ留め具は装着していない状態)






全体的にフィットしているものの、サイド(前輪と後輪の間)にたぶりがあるのがわかります。このたぶりは、着脱の際のゆとりとして必要なたぶりです。このたぶりを削ると、パツパツになって装着不可能となります。しかし、装着し終えた際、風の揺らぎ、ばたつきを許してしまうたぶりでもあります。

ベルトを装着すると、サイドがお車の腹下へと押さえ込まれます




フィット感も向上!




サイドのたぶりがなくなりました。ボディカバーが車体にきれいにフィットしているのがわかります。こうなれば、風による揺らぎ、ばたつきも抑えられます。


長さの調節・カットが可能

絞り込んで余ったベルトは、カットすることをオススメします


余った分をカットせずに団子状に結んでぶら下げたりすれば、重みや揺らぎによって装着したカバーのバランスが崩れたりボディ自体を傷つけたりします。また、装着したベルトに絡めたり挟んだりすれば、隙間ができ、カバーのすそがそり返る等、効果を損なう結果につながります。
カットはハサミで可能です。裁断面はほつれてきがちなので、写真のようにライターの火で軽く炙っていただけましたら溶けて硬化し、固まります(火傷にご注意ください)。

2.8メートルものベルトは、長めに感じられるでしょう。大型車の場合は反対に、足りるのかな? と思われるかもしれません。
永年、仲林工業が様々な車種を見てきた結果、どのお車にもひとまず装着可能な長さとして「2.8」という数字になりました。
たまにお客さまから、「専用タイプとしての設計なのだから、腹下のベルトも車種に合わせた長さに用意すべき」というご意見を頂戴するのですが(ご意見には弊社も納得です)、しかし、長さというのはひとによって印象が異なります。同じ車種に乗られている方でも、2.8メートルを「長い」と思われる方もおれば、「ちょうどいい」と思われる方もおられます。長めにゆったり使用されたい方、短めに強く絞って使用されたい方、これもお車の保管環境や状況によって異なってきます。そのため、現状、あえて「2.8メートル」という長さに統一しております。

「2.8メートル」と定めてしまえば大量生産でき、コストを抑えられるという理由もあります。ベルトの長さを車種別に変えてご用意することも技術的に可能ですが、こちらに定めております通り、それによってカバー1台のコスト(単価)があがってしまってはどうなのだろうと検討し、「2.8メートル」に統一致しました。


利点と注意事項

腹下通しの2.8メートル留め具は、お車の腹の下をくぐらせ、カバーと留めますので、この留め具をご使用いただきますと、カバーがお車から外れる心配はまずありません(風が強いときなど、フロントやリア部分がめくれることは場合によってあります)。もし、強風時・台風時にどうしてもボディカバーを装着しておきたいときにオススメする留め具です(ただ、カバーがめくれあがるような風のときは、カバーとボディが風によって激しく擦れあうことが多いので、ボディカバーの装着はご遠慮いただいたほうが良い場合があります)。
ただ、通し方や装着に少し手間がかかる、という難点があります(良い通し方についてはこちら)。

黒い紐は、よくリュックサックに見られるバックルの紐のようなものです。そのため熱に弱く、腹下にエンジンが露出している場合、それが熱くなっていると触れて溶けてしまう恐れがあります。腹下通しの2.8メートル留め具を使用する際は、あらかじめ、ボディの腹面にエンジンが剥き出しになっていないか、熱くなる部品がないかをご確認下さい。



「腹下通し」と「フック型留め具」、両方をお求めのお客さまへ


「腹下通しの2.8メートル留め具」と「バックル式のフック型の留め具」、両方をお求めの場合は、オプションの留め具個所で『腹下通しの2.8メートル留め具(+2000円)』をご選択後、こちらからバックル式のフック型留め具をご注文ください。
バックル式のフック型留め具と腹下通しの2.8メートル留め具の2種類の留め具をカバーと一緒にお送りさせていただきます。


腹下通しの2.8メートル留め具だけをご購入いただくことも可能です

ボディカバー使用中に、腹下通しの2.8メートル留め具が壊れてしまった、失くしてしまった場合、また、フック型留め具を選択したが、うまく使用できず、後から、腹下通しの2.8メートルを使用したいという場合、この腹下通しの2.8メートル留め具だけを1本〜ご購入いただくことも可能です。

こちらの腹下通しの2.8メートル留め具注文フォーマットから、ご注文ください。

付属品単品ですので、確認後、すぐ(ご注文日の当日か翌日、遅くても2日後)に、弊社から発送させていただきます。


バックルのむき出しが気になる方には、さらなるオプション!



バックルを覆うポケット。バックルポケットです。こちらを装備することもできます。着脱の際に、むき出しのバックルがボディと接触するのを防いでくれます。

さらに別途(+4000円)発生します。

オプションのオプションのため、選択肢内にはこのポケットは設けておりません。
ご希望の場合、ネット注文であれば、「備考」欄に「バックルポケット(+4000円)希望」とご入力のうえご注文ください(注文時には加算されませんが、弊社にて確認のうえ、後から+4000円訂正して製作へ移行します)。電話注文であれば、必ず「バックルポケット希望」とお申し付けください。
これらがない場合は、「腹下通しの2.8メートル留め具」を装備いただいても標準でバックルポケットは付きません。



中にはバックルが隠れており、機能は同じです。





腹下通しの2.8メートル留め具についてよくある質問

Q

車の腹の下を通して留めるということですが、通しにくそうに思えます。良い通し方などはありますか?

A 車高(地面とお車のサイドステップの間隔)が高く空いているお車の場合は、サイドステップ付近に付いているカバーメス留め具に腹下通しの2.8メートル留め具を装着した後、そのもう一方をお車の下をのぞき込むような格好で、反対側のサイドステップ付近に目がけて放つことで、装着しやすくなります。
車高が低い場合は、放つことが難しいので、棒状のようなもので反対側のステップ付近まで押しやることで、装着しやすくなります。

他に、実際にご使用されているお客さまからいただいた、便利な装着方法がございますので、ご紹介させていただきます。ひと手間踏みますが、確実な方法です。
まず、車を通常の位置に駐車。そのまま数十センチ前進させて、下車します。左右後輪のすぐ後ろの地面(タイヤに触れてもかまいません)に、伸ばしたベルトを置きます。このとき、ベルトは真一文字になるようにピンと張り、左右の後輪の後ろに来るように置いてください(両端のバックル部品がタイヤに近ければ、タイヤで踏んでバックルを潰してしまう危険性があります)。お車に乗り、元の駐車位置までバックしてご駐車ください。黒いキシメン状のベルトの上を後輪が通過します(キシメン状のベルトはタイヤで踏みつけても問題ございません)ので、腹下通しのベルトは前輪と後輪の間に跨がれているはずです。その後、カバーを装着し、両サイドのメス型留め具と装着し、締めてください。

腹下通しの2.8メートル留め具は、一度装着すると、カバーがお車から飛んでいくことがまずない強力な留め具ではありますが、その代わり、装着にお時間がかかってしまいます。このため、カバーを頻繁に着脱するお客さまよりも、普段はカバーをかけ続けているという、週末ドライバーのお客さまにオススメできます。しょっちゅうカバーを着脱する方には、留め具も簡単で、それでいてしっかりとしている「すそ紐絞り加工」をオススメいたします。

★「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」の留め具の場合は、普段は「すそ紐絞り加工」だけを使用しておき、風の強いときなど、カバーが飛んでいく心配があるときだけ、「すそ紐絞り加工」に加えて「腹下通しの2.8メートル留め具」を装着するとよりベストです(実際に、多くのお客さまがこのような使い方をされております)。



Q

腹下通しの2.8メートル留め具の付ける位置を、サイドではなく、フロントからリアへ通るように変えたり、追加したりすることはできませんか? また、四隅に入る絞りのゴムの位置を変更したり、変形(例えば、フロント全部やリア全部にゴムを通す仕様に)することはできませんか?

A 技術的に可能ですが、オススメできません。
まず、お車のフロントからリアへ、腹下の留め具を通すとなりますと、お車の全長以上、くぐらせなければならず、これは作業的に大変、面倒です。また、2.8メートルでは足りず、お値段もアップしてしまいます。追加でも、料金アップとなります。
フロントとリアは、四隅に入る絞りのゴムの力でまず大丈夫ですし、それでも、めくれあがりを防ぎたい、しっかりと留めたいとお考えの方は、「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」の留め具にされることをオススメいたします。

また、四隅に入る絞りゴムの位置変更や変形も、オススメできません。これにつきましては、こちらをご覧ください。



Q

駐車スペースの関係上、車を停めると助手席側が壁と接近してしまい、体を入れることができません。そのため、カバーをかけた後から、助手席側の留め具を装着することができません。

腹下通しの2.8メートル留め具は、あらかじめどちらか一方がカバーに取りつけられている、あるいは縫いつけられているのでしょうか? もしそうなら、あらかじめ助手席側に付けておいてほしいのですが。

A いいえ、腹下通しの2.8メートル留め具は、どちらか一方が運転席側に、あるいは助手席側に、もともと取りついている、というわけではありません。
両端とも、自由につなげたり外したりと、付け外し可能となっております。

ご質問の状況でしたら、カバーを装着する前に、あらかじめカバーの助手席側のメス留め具と腹下通しの2.8メートル留め具の一端をカチッと嵌めてつながておき、そうしてからカバーをおかけください。カバーの装着後、助手席側の留め具はカバー本体とつながっているはずですので、まだつながっていないベルトの一端をお車の下からたぐり寄せ、運転席側のサイドの留め具にカチッと嵌めて留めてください。
ただ、あらかじめカバーに留め具をつながてからお車に掛ける際は、ぶらぶらとした長い留め具部品がお車のボディに当たってしまうことがあります。部品はプラスチックでできておりますが、傷の原因にもなり得ますので、充分に注意してお掛けください。




▲ページトップへ

HOME仲林工業ボディカバーの概要環境によって選べる留め具 > 腹下通しの2.8メートル留め具