会員登録/修正
ログイン










レクサス
トヨタ
日産
ホンダ
マツダ
ユーノス
三菱
スバル
ダイハツ
スズキ
いすゞ
ミツオカ



メルセデス・ベンツ
メルセデスAMG
スマート
BMW
BMWアルピナ
アウディ
フォルクスワーゲン
MINI
オペル
ポルシェ
ヨーロッパフォード



ルノー
プジョー
シトロエン



ロールスロイス
ベントレー
ジャガー
ランドローバー
MG
ローバー
ロータス
アストンマーティン
ロータス・カーズ
マクラーレン・オートモーティブ



ボルボ
サーブ



フィアット
アバルト
フェラーリ
ランチア
アルファロメオ
マセラティ
ランボルギーニ



キャデラック
シボレー
ポンテアック
リンカーン
フォード
クライスラー
クライスラー・ジープ
ダッジ
テスラモーターズ
ゼネラルモーターズ




2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
今日

2019年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       


 


環境によって選べるオプション・留め具

HOME仲林工業ボディカバーの概要 > 環境によって選べるオプション・留め具


お客さまの使用状況、保管環境にもっともベストなオプション、留め具をご選択ください。


オプション
留め具



オプション

膨らみ防止の通気筒 膨らみ防止の通気筒
ボディカバー着脱の際、カバーが空気をはらんでうまく装着できない、ということがあります。屋内駐車場ならともかく、風の吹く屋外でカバーを使用する場合はこの通気筒がひと役買います。バタツキ防止・湿気通しにも役立ち、カバーの効果も増します。
+2,000円 or +4,000円で装備可能



留め具

バックル式のフック型留め具 バックル式のフック型留め具
フック型の部品を、お車のサイドのステップ(金属のバー)に掛けて留めます。
ステップが見当たらない場合は、お客さまの手による加工が必要となります。留め具を自作される方にオススメです。
+1,000円で装備可能
使い易さ★★☆☆☆ 留め強度★☆☆☆☆ 耐久性★★☆☆☆ 利便性★☆☆☆☆


腹下通しの2.8メートル留め具 腹下通しの2.8メートル留め具
お車のサイドから、腹下を通してカバーを固定。ボディカバーが車から外れるのを防ぎたい方は、この「腹下通しの2.8メートル留め具」をお試しください。ただし、フロントとリアのすそはゴム仕様になるため、屋外で風のある時はめくれ上がることがあります。
+2,000円で装備可能
使い易さ★☆☆☆☆ 留め強度★★★☆☆ 耐久性★★★★☆ 利便性★★☆☆☆


すそ紐絞り加工 すそ紐絞り加工
ボディカバーの裾全周に紐が通っており、それを一か所で絞ってカバーを留めます。特に指定をいただかなければ、お車の右後ろで絞ります。直接、留め具部品がお車に接触することもなく、見た目もシンプルでスマート。裾の絞りの微調整も可能ですので、エアロ付きのお車にも推奨しております。
簡単で、強力な留め具をお求めのお客さまにオススメしております。現在、2番目に売れている留め具です。
+3,000円で装備可能
使い易さ★★★★☆ 留め強度★★★★☆ 耐久性★★★★☆ 利便性★★★★☆


腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工 腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工
微妙な天候の変化や、環境・用途に応じて、2種類の留め具の利用が可能。仲林工業ボディカバーの留め具で、もっともグレードの高いものとなります。
ボディカバーとしての効果を充分に発揮されたい方には、ぜひともご装備いただきたいオススメの留め具です。
車高ダウンしている場合にも融通が利きます(理由はこちら)。
強風時でもバタつきを極力抑えられ、飛ばなかったと評価の声をよく頂戴しており、現在、もっとも選ばれている留め具です。
+5,000円で装備可能
使い易さ★★★☆☆ 留め強度★★★★★ 耐久性★★★★★ 利便性★★★★★


留め具の項目で、『付けない(ゴムだけとなり、屋外では使用できません)』を選択されますと、留め具は何も付かず、ボディカバーの裾の四隅に絞りのゴムが入るだけの構造となります。
『付けない(ゴムだけとなり、屋外では使用できません)』は、あくまで、風のまったく入り込まない、室内保管のお車対象とお考えください。風が少しでも吹きつける場合は、めくれあがり、結果的に飛んでいってしまうこともあります。

四隅ではなく、絞りのゴムの位置を変更したり、フロント全部、リア全部にゴムを付けることはできませんか? ──オススメできません(詳しくはこちら)



自分のカバーにはどの留め具を装備すればいいの? 迷われたときは──


まず、お車のボディ形状から、使用できる留め具を絞りましょう。国産車で完全ノーマル(標準装備のエアロも付いていない)の場合、サイドの下に、ステップの金属のバーのようなものが走っていて、フック状のものが掛かるのであれば、「バックル式のフック型留め具」を含め、4種すべての留め具をご利用いただくことができます。
標準装備のエアロから、オプションのエアロなどを装備されているお客さま、外車系のお客さまは、フック型の留め具が掛からないケースが多く、その場合、「腹下通しの2.8メートル留め具」、「すそ紐絞り加工」、「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」、この3種が有力となります。

次に、ご使用環境から考えてみます。青空駐車場でカバーを掛けて保管される場合で、風が吹き付けることによって、カバーがお車から外れるのを防ぎたい、というお客さまは、「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」、「すそ紐絞り加工」、「腹下通しの2.8メートル留め具」この順で、オススメいたします。
青空駐車場ではないが、車庫などで車の駐車スペースが限られている、というお客さまには、「すそ紐絞り加工」をオススメいたします。このすそ紐絞り加工は、カバー装着後、一か所から絞って留めることが可能です(その留める一か所の位置も、お客さまに選択いただくことが可能です)。

見た目、シンプルさをご考慮されるお客さまにも同じく「すそ紐絞り加工」をオススメいたします。
ちなみに、2013年3月現在でもっともオーダーいただいているのは、「腹下通しの2.8メートル留め具×すそ紐絞り加工」です。

※ご参考ください。



留め具についてよくある質問

Q

「すそ紐絞り加工」以外の留め具の場合、四隅に絞りのゴムが入るとのことですが、この絞りのゴムの位置を変更したり、変形(例えば、フロント全部やリア全部にゴムを通す仕様に)することはできませんか?

A 技術的に可能ですが、オススメできません。
カバーの構造上、絞りのゴムがもっとも有効なのは、お車のコーナー部分となります。これまで何百、何千、何万台とボディカバーを製作してきた経験・実績からしても、この四隅の個所に定めるのがベストであることが判明しております。
フロント全体に、例えば一本のゴムを通してしまいますと、その分、収縮し、カバーがかけにくくなってしまいます。圧力が常にかかりますので、普通、付かないはずの細かな傷の原因にもなりかねません。反対に、傷がつきにくいよう、収縮しすぎないようにゆるめに設定すれば、絞りゴムの意味がなくなってしまいます。
弊社既定の、四隅に四か所、絞りのゴムを入れる形が、最良です。

それでも、どうしてもゴムの位置を変えたい、フロント全体に通したい、と申される方には、できる限りご希望の形でお作りさせていただきますが、予期せぬトラブル(傷の発生など)が起こったとしても、弊社規定の形ではないため、補償の対象外とさせていただきます。



Q

他社で、貴社とそっくりな留め具部品を見ました。模倣されているのですか?

A 留め具の黒いプラスチック部品のことかと存じますが、他社さまがどのようにされているのかはわかりません。が、少なくとも弊社で使用している部品は弊社で考案されたものです(模倣しておりません)。





HOME仲林工業ボディカバーの概要 > 環境によって選べるオプション・留め具